悪い奴ほどよく眠る 作品情報

わるいやつほどよくねる

現代社会の悪の機構にいどむ男の物語

日本未利用土地開発公団の副総裁岩淵の娘佳子と、秘書の西幸一の結婚式は、異様な舞囲気に満ちていた。政界、財界の名士を集めた披露宴が始まろうとする時、公団の課長補佐和田が、のりこんだ捜査二課の刑事に連れ去られた。押しかけた新聞記者たちは、五年前、一課長補佐が自殺しただけでうやむやのうちに終った庁舎新築にからまる不正入札事件に、やはり現公団の副総裁岩淵と管理部長の守山、契約課長の白井が関係していたことを思いだした。ウェディング・ケーキが運ばれてきた。それは、五年前の汚職の舞台となった新築庁舎の型をしていた。しかも、自殺者が飛び降りた七階の窓には、真赤なバラが一輪突きささっていた。その頃、検察当局には差出人不明の的確な密告状が連日のように舞いこんでいた。そのため、開発公団と大竜建設の三十億円にのばる贈収賄事件も摘発寸前にあった。

「悪い奴ほどよく眠る」の解説

だが、肝心の証拠が逮捕した和田や大竜建設の経理担当三浦の口からも割りせず拘留満期がきて二人は釈放された。三浦は拘置所の門前で、トラックに身を投げ出して自殺、和田も行方不明となった。和田は公団の開発予定地である火口から身を投げようとした。

小国英雄・久板栄二郎・黒澤明・菊島隆三・橋本忍の共同オリジナル・シナリオを、『隠し砦の三悪人』の黒澤明が監督した。撮影は『非情都市』の逢沢譲。 (キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督黒澤明
出演三船敏郎 加藤武 森雅之
制作国 日本(1960)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「悪い奴ほどよく眠る」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-10-22 13:22:39

広告を非表示にするには