関東テキヤ一家 喧嘩火祭り 作品情報

かんとうてきやいっかけんかひまつり

「関東テキヤ一家」シリーズ第四作

岐阜の裸祭りの高市にやって来た国分と五郎は、途中東京の不良グループ雀孔団の一行と知り合うが、刑事に追われている彼らは、どこへともなく姿を消してしまった。矢崎一家にわらじをぬいだ国分と五郎は一家が、裏で手を廻す秩父の槌田一家と岐阜の大薮興行のために、次の高市の開かれる秩父の梅ケ崎一家にネタを輸送することができないでいることを知ると、そのネタの送りを引き受けるのだった。秩父の夜祭りの高市を仕切る梅ヶ崎一家は、先代亡きあと娘の静枝が帳元代行として一家を守っていたが、新興の槌田一家がそれを乗っ取ろうと狙っていた。一方秩父へのネタ輸送を引き受けた国分と五郎は、途中、大薮一家にやとわれた雀孔団にネタを奪われてしまった。梅ヶ崎一家についた国分は、この一件に詫びを入れるとともに、ネタを取り戻そうと計り、同じくネタの行方を追っている槌田一家の用心棒の卓とすさまじい争奪戦の末、ネタは国分の手に戻った。もちろん、槌田はこのことを黙って見逃すはずはなかった。ある日、静枝は槌田一家の罠とも知らず、双方が庭場への出入りをやめることを条件に、夜祭りの全権を露天商たちにと、一家の金看板を下すのだった。

「関東テキヤ一家 喧嘩火祭り」の解説

岐阜の裸祭りと秩父の夜祭りを背景に描く「関東テキヤ一家」シリーズ第四作。脚本は「札つき博徒」の志村正浩。監督は脚本にも参加しているシリーズ第三作「関東テキヤ一家 天王寺の決斗」の鈴木則文。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督鈴木則文
出演菅原文太 南利明 野川由美子
制作国 日本(1971)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「関東テキヤ一家 喧嘩火祭り」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:48:42

広告を非表示にするには