あらしのよるに 作品情報

あらしのよるに

オオカミとヤギの友情を描いたベストセラー絵本の映画化

ある嵐の夜に、仲間とはぐれたヤギのメイは、壊れた山小屋で雨風をしのいでいた。するとそこへ、同じように嵐から逃れてきた“仲間”が現れる。姿も匂いもわからない中、心細さから言葉を交わすうちに意気投合する2匹。やがて彼らは再会を約束して別れるが、翌日待ち合わせの場所に現れたのは、なんとメイたちの天敵であるオオカミのガブだった!

「あらしのよるに」の解説

シリーズ発行部数220万部を突破したロングセラー絵本「あらしのよるに」の映画化。嵐の夜に偶然出会ったオオカミのガブとヤギのメイ。本来ならば“喰う者”と“喰われる者”という2匹の種の壁を越えた友情がほのぼのとしたタッチで描かれる。とはいえ、ガブが「友だちだけどおいしそう!」とヨダレをたらしながらも必死で耐える姿や、「生きるために利用せよ」という仲間たちの非情な命令などは、人間社会に当てはめられなくもなく、単なる“子供向きのアニメ”とくくってしまうのはもったいない。声の出演は、ガブ役に中村獅童、メイ役の成宮寛貴。監督は「タッチ」などで知られるアニメーション界の巨匠・杉井ギサブロー。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2005年12月10日
キャスト 監督杉井ギサブロー
出演中村獅童 成宮寛貴 竹内力 林家正蔵
配給 東宝
制作国 日本(2005)

(C)2005「あらしのよるに」製作委員会

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:3点★★★☆☆、1件の投稿があります。

P.N.「りりー」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2017-05-16

全然なくつもりなかったのに四回ほど泣いてしまいました。原作は好きで見たのですが話の進みが遅めでまったりしていました。

最終更新日:2020-12-01 16:52:57

広告を非表示にするには