東京ゾンビ 作品情報

とうきょうぞんび

黒富士ゾンビに占領された東京では、生死を賭けたバトル・ゲームが行なわれていた! 浅野×哀川の共演による異色のアクション・ムービー

東京の片隅にある消化器工場で働くアフロヘアーのフジオとハゲのミツオ。毎日、柔術の練習に明け暮れる2人は、年齢の差を超えた不思議な友情で結ばれていた。一方、粗大ゴミ、産業廃棄物、さらに不要になった“人間”まで捨てて埋められているゴミ山“黒富士”から、ゾンビが大量発生。東京を襲い、首都は壊滅状態になる。5年後、ゾンビが徘徊する東京では、生き残った金持ちたちが娯楽のために人間とゾンビを闘わせる「ゾンビ・ファイト」を行なっていた。その中にファイターとして闘うフジオの姿があった。

「東京ゾンビ」の解説

原作は花くまゆうさくのカルト・マンガ。そのユルい画風で描かれるアフロとハゲのキャラクターは、どこかで見た人もいるだろう。それを『殺し屋1』『極道恐怖劇場 牛頭』の異色の脚本家である佐藤佐吉が脚本化し、さらには初長篇監督作品として演出も担当している。主演はアフロのカツラを被った浅野、ハゲのカツラを被った哀川。この2人の共演が見られるだけでも、劇場に足を運ぶ価値はあるはずだ。カツラのせいか、浅野と哀川がフジオとミツオという超マイペースの2人のキャラクターになりきり、マンガ的ないい演技を見せている。そしてゾンビとくれば、期待するなという方が無理だろう。願わくばこの映画がヒットして『東京ゾンビ2』が作られて欲しい。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2005年12月10日
キャスト 監督・脚本佐藤佐吉
原作花くまゆうさく
出演浅野忠信 哀川翔 奥田恵梨華 古田新太
配給 東芝エンタテインメント
制作国 日本(2005)
上映時間 103分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「東京ゾンビ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:48:39

広告を非表示にするには