シンデレラマン 作品情報

しんでれらまん

おとぎ話から現れた“シンデレラマン”のようだと言われた男

何度か描かれるボクシングシーンは、画面から汗が飛び散ってきそうなほどの迫力だ。しかしそれは、ボクシングの激しさから来る迫力ではなく、主人公の強い思いが持つ迫力なのだ。あまりの強さに圧倒され、どうしようもなく、胸が熱くなる。『ビューティフル・マインド』のロン・ハワード監督とラッセル・クロウが再び手を組んで贈る人間ドラマだ。

「シンデレラマン」の解説

大恐慌時代のアメリカ。実在し、人々から“シンデレラマン”と呼ばれたボクサーの人生の断片を、カメラは寄り添うように見つめていく。家族と幸せに暮らすジミーは、前途有望な若手ボクサー。右ストレートを武器に、次期チャンピオンになれると目されていた。だが、右手を故障。勝利に見放された彼は、ライセンスを剥奪されてしまう。失業者のひとりとなり、日雇いの肉体労働に就けることすら難しい日々。困窮の中、彼が守りたかったのは愛する家族だけだった。そんなとき、かつてのマネージャーから一夜限りの試合復帰を持ちかけられる。

ラッセル・クロウがボクサーを演じると聞き、「そうですか、肉体美を誇るんですね、肉体派の作品なんですね」と単純に思ったことを反省。彼の演じるジミーはとても穏やかな男。妻を愛し、子どもを愛する夫である。飛び散る汗に、彼の家族への思いが見えて、苦しくなるほどに胸をいっぱいにするのだ。ジミーは貧窮の時代、アメリカの国民に希望を与えた。劇場を後にするとき、彼の強さは、きっとあなたの心も温かくしてくれているだろう。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2005年9月17日
キャスト 監督・製作ロン・ハワード
出演ラッセル・クロウ レネー・ゼルウィガー ポール・ジアマッティ クレイグ・ビアーコ
配給 ブエナ ビスタ インターナショナル(ジャパン)
制作国 アメリカ(2005)
上映時間 144分

(c)Universal Pictures-Miramax Films-Imagine Entertainment All rights reserved

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「シンデレラマン」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-08-04 16:24:03

広告を非表示にするには