ボブ・ディランの頭のなか 作品情報

ぼぶでぃらんのあたまのなか

生きる伝説ディランの歌声が、荒廃した世界に突き刺さる―

近未来。内戦が繰り返されるある国で、一人の男が刑務所から釈放される。彼の名は、ジャック・フェイト。この国の伝説的シンガーであるジャックは、かつてのマネージャーが企画するチャリティー・コンサートへの出演を条件に釈放されたのだ。コンサート会場には、それぞれの思惑を秘めたプロモーターやジャーナリストが集まってくる。その頃、会場の外では国を揺るがす事件が起こっていた。大統領が死の床に伏し、息子のエドムンドが国内全土に軍隊を派遣したのだ。カオスと化した国に、ジャックの歌は平和をもたらすことができるのか。

「ボブ・ディランの頭のなか」の解説

フォークの神様、ボブ・ディランが主演した異色のSFドラマ。内戦で荒廃した架空の国を舞台に、孤高のミュージシャンが政変の渦に巻き込まれていく姿を描く。脚本にクレジットされたルネ・フォンテインとセルゲイ・ペトロフは、ワールドプレミア席上でのジェシカ・ラングの発言で、ディランとラリー・チャールズ監督の変名であることが発覚。その脚本は、世に惨劇や争乱のある度にチャリティーで平和を歌うロックスターの欺瞞や無力感を認め、その先に何ができるのかを問いかける。そこに安易な答えは見つからないが、かつての神様が振りしぼる歌声が、荒廃した世界にただ真っ正直に突き刺さる様は感動的だ。そんなディランの思いに共鳴したのは、同じような自己矛盾を抱えたハリウッド・スターたち。カメオ出演も含め、随所に有名俳優が顔を見せているのでお見逃しなく。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2005年7月23日
キャスト 監督ラリー・チャールズ
出演ボブ・ディラン ジェフ・ブリッジス ペネロペ・クルス ジェシカ・ラング ジョン・グッドマン ヴァル・キルマー エド・ハリス
配給 ザナドゥー
制作国 アメリカ(2003)
上映時間 106分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ボブ・ディランの頭のなか」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-10-12 18:41:22

広告を非表示にするには