コント55号と水前寺清子のワン・ツー・パンチ三百六十五歩のマーチ 作品情報

こんと55ごうとすいぜんじきよこのわんつーぱんちさんびゃくろくじゅうごほのまーち

テーマソングは、誰もが知っている「三百六十五歩のマーチ」!

板前の萩村金一と坂下二郎は、二郎の資金で共同経営の小料理屋を開くことにした。ところが、人の良い二郎は相手に足許を見られ、店を買いそこない、資金を増やそうとした金一は、競輪で半分近くすってしまった。二郎に追求され、二人は、とっくみ合いの大喧嘩をしてしまった。二郎は同じアパートに住む清子になぐさめられ、励まされて大感激。一方、かねてから金一に惚れていた料亭の女将みどりは「私と一緒になってくれれば、金は出してあげる」と言うが、金一は「江戸っ子だ!そんな金受けとれるか」とタンカを切ったが…。

「コント55号と水前寺清子のワン・ツー・パンチ三百六十五歩のマーチ」の解説

「ひばり・橋の花と喧嘩」の野村芳太郎が脚本・監督を担当した喜劇。撮影もコンビの川又昂が担当した。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督野村芳太郎
出演萩本欽一 坂上二郎
出演・出演水前寺清子
出演西村晃
制作国 日本(1969)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「コント55号と水前寺清子のワン・ツー・パンチ三百六十五歩のマーチ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-07-26 15:39:35

広告を非表示にするには