髑髏城の七人~アオドクロ 作品情報

どくろじょうのしちにんあおどくろ

劇団☆新感線のステージをスクリーンで堪能できる!演劇とシネマのコラボレーションが実現!!

関東平野にそびえたつ髑髏城に巣食う“関東髑髏党”の首魁らは、自らを天魔王と名乗り、天下統一を狙う秀吉の最大の敵となった。その髑髏党に追われる沙霧を、たまたま救ったナゾの牢人、狸穴二郎衛門と玉転がしの捨之介は、沙霧の身を隠すために色街無界の里へ向かう。やがて、沙霧を追う髑髏党の幹部、鋼の鬼龍丸が現れ、色街は騒然となる。捨之介は無敵の天魔王に立ち向かうために、伝説の刀鍛冶とその弟子、カンテツのもとへ急ぐが…。

「髑髏城の七人~アオドクロ」の解説

舞台が持つライブ感と、映画館の大スクリーン・大音響で、誰もが楽しめる新しい“演劇のカタチ”を提唱しているイーオシバイが、大人気の「髑髏城の七人」シリーズ「アオドクロ」をお届けする。「髑髏城の七人」は、歴史や神話をモチーフとした劇団☆新感線“いのうえ歌舞伎”シリーズの代表的な作品。昨年は、キャストの入れ替えのみで春秋連続上演という画期的な企画で注目を集めた。

「アオドクロ」は、市川染五郎ほか、もはや劇団☆新感線の準劇団員ともいえる佐藤アツヒロ、舞台に映画にと魅力をふりまいている鈴木杏、テレビ・映画で注目を集める池内博之らの若いパワーが爆発している。新感線の極上エンターテイメントをスクリーンで堪能したい!

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 演出いのうえひでのり
中島かずき
出演市川染五郎 鈴木杏 池内博之 ラサール石井 佐藤アツヒロ
制作国 日本(2005)
上映時間 200分
公式サイト http://www.aodokuro.jp/

(C)2005 松竹・ヴィレッヂ

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「髑髏城の七人~アオドクロ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-10-12 00:13:34

広告を非表示にするには