悲情城市 作品情報

ひじょうじょうし

台湾の激動の4年間を背景に、ある一家のたどる変遷を描く

'45年8月15日、台湾が51年にわたる日本統治から解放された日、田寮港の林家の長男文雄の妾宅で男児が誕生した。船問屋である林家の主は75歳の阿祿。次男は軍医として南洋に、三男は通訳として上海に、日本軍に徴用されて帰ってこない。耳が聞こえず話せない四男の文清は、郊外で写真館を開いていた。文清は、写真館に同居している教師の呉寛榮の妹で、看護婦として病院に働きに来た寛美を迎えに出る。寛榮は、小川校長の娘で、台湾生まれの静子と秘かに愛しあっていたが、日本人は故国に帰らねばならなくなった。

「悲情城市」の解説

'45年から'49年までの台湾の激動の4年間を背景に、ある一家のたどる変遷を描くドラマ。監督は『恋恋風塵』の侯孝賢、脚本は呉念眞と朱天文、撮影は陳懐恩が担当。出演は梁朝偉、辛樹芬、陳松勇ほか。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督ホウ・シャオシェン
出演リー・ティエンルー チェン・ソンユン ジャック・カオ トニー・レオン
制作国 台湾(1989)

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

最終更新日:2021-03-26 21:07:32

広告を非表示にするには