花のお江戸の釣りバカ日誌 作品情報

はなのおえどのつりばかにっし

おなじみハマちゃんとスーさんのコンビが繰り広げる人情喜劇シリーズの第12弾

釣り好きが元でお抱えの藩をクビになってしまった浜崎伝助は、妹の美津とふたり、長屋で浪人暮らしをしている。いつものように夜釣りに出かけた伝助は、そこでどこか寂しげな隠居・鈴木一之助と出会う。同好の士としてすっかり意気投合した2人だったが、実は一之助は庄内藩の江戸家老であった。次の日、いつものように仕官の口を求めて面接へ出掛けた伝助だが、特技は夜目が効くことと釣りしかなく、当然ながら面接官たちから総スカンを食らう。

「花のお江戸の釣りバカ日誌」の解説

おなじみハマちゃんとスーさんのコンビが繰り広げる人情喜劇シリーズの第12弾となる、時代劇作品。監督は『釣りバカ日誌10』の栗山富夫。脚本は『学校III』の山田洋次と朝間義隆、撮影は藤原三郎。主演は『釣りバカ日誌10』の西田敏行と三國連太郎、『SADA』の黒木瞳。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督栗山富夫
原作やまさき十三
脚本山田洋次 朝間義隆
出演西田敏行 酒井法子 山田純大 三國連太郎 黒木瞳 市川團十郎
制作国 日本(1998)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「花のお江戸の釣りバカ日誌」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-07-29 14:50:09

広告を非表示にするには