手錠無用 作品情報

てじょうむよう

勝新太郎主演のアクションもの

車弾五郎は、持前のお人好しを発揮、金庫に閉じこめられた子供を救うため、錠と取組んでいるところを御用となった。取調べから、香車は自分に三億円強奪の嫌疑がかかっているのにびっくり。現場に残った指紋が一致するというのだった。香車は、盗みはすれどそんなヘマはやらぬ、と留置場から脱走。早速、偽りのアリバイを証明してくれた浮世風呂のホステス、ユキを尋ねた。ところがユキもまた香車が真犯人と誤解、三億円のスソ分けに預かろうと仕組んだ芝居だった。

「手錠無用」の解説

樫原一郎の原作『闇を裂く男』を池田一朗が脚色し、『秘録おんな寺』の田中徳三が監督したアクションもの。撮影はコンビの牧浦地志。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督田中徳三
原作樫原一郎
脚色池田一朗
出演勝新太郎 藤田まこと 藤村志保 佐藤友美 長谷川待子 成田三樹夫
制作国 日本(1969)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「手錠無用」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:47:09

広告を非表示にするには