第三の男 作品情報

だいさんのおとこ

カンヌ国際映画祭グラン・プリを受賞

米国の西部作家ホリイ・マーティンスは、旧友ハリー・ライムに呼ばれて、四国管理下にある戦後のウィーンにやって来たが、ハリーは自動車事故で死亡し、まさにその葬式が行われていた。マーティンスは墓場で英国のMPキャロウェー少佐と連れになり、ハリーが闇屋であったときかされたが、信ずる気になれなかった。ハリーは生前女優のアンナと恋仲であったが、彼女と知り合ったマーティンスは、彼女に対する関心も手伝ってハリーの死の真相を探ろうと決意、ハリーの宿の門衛などに訊ねた結果、彼の死を目撃した男が三人いることをつきとめた。

「第三の男」の解説

『ホフマン物語』のアレクサンダー・コルダと、『白昼の決闘』のデイヴィッド・O・セルズニックが協同で提供する1949年作品で、カンヌ国際映画祭グラン・プリを受賞した。戦後イギリス文壇で代表的な位置に立つカソリック作家グラハム・グリーンが映画のために原作を書卸し、自ら脚色、これを『邪魔者は殺せ』のキャロル・リードが監督、同時に製作も担当している。

主演は『旅愁』のジョゼフ・コットン、『白銀の嶺』のヴァリ、『黒ばら』のオーソン・ウェルズ、『黄金の龍』のトレヴァー・ハワードで、以下「会議は踊る」のパウル・ヘルビガー、バーナード・リー、エルンスト・ドイッチ、エリッヒ・ポントらが助演する。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 製作・監督キャロル・リード
原作・脚色グラハム・グリーン
出演ジョゼフ・コットン ヴァリ オーソン・ウェルズ トレヴァー・ハワード
制作国 イギリス(1949)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4.67点★★★★☆、3件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-02-14

そして,プールサイドのSCREENで本篇を二人で観ると云うロマンチックなシーンが垣間見られる映画がニコラス・ケイジとエリザベス・シューが共演した〈リービング・ラスベガス〉。〈失われた週末〉見たいにアル中姿の主人公が際立った作品。

最終更新日:2020-02-19 16:00:07

広告を非表示にするには