トニー滝谷 作品情報

とにーたきたに

はてしなく孤独でどこまでも切ない喪失の物語

幼い頃から一人でいることが当たり前だと思って生きてきたイラストレーターのトニー滝谷(イッセー尾形)が、15歳年下のA子(宮沢りえ)に恋をして、結婚する。最愛の女性と過ごす毎日は、これまで味わったことのない幸福をトニーにもたらしたが、ただひとつ気がかりなことがあった。それはA子がきれいな服を目にすると買わずにはいられなくなること。洋服を着るために生まれてきたような着こなしの上手さはA子の魅力ではあったが、新しい服への飢餓感は、まるで中毒のようだった…。

「トニー滝谷」の解説

原作である村上春樹の同名短編小説には、登場人物の心の動きが事細かに書き綴られているわけではない。書かれてはいないが、もちろん読み取ることはできる。その読者に委ねられた感覚的な部分を市川準監督が的確にすくい取り、静かだけれど、心がざわざわと波立つような映像作品をつくり上げた。

文字通り風が吹き抜ける丘の上に組まれたステージでの、写真家・広川泰士による撮影、坂本龍一の音楽、まさに適役と言える主演俳優2人やナレーションなど、すべてが相まって、幸せがこぼれ落ちてゆく儚さや、満たされない心を抱えながら生きることの切なさが描かれている。一旦、孤独の檻から解放されながら、再びそこに連れ戻されるのは、恐ろしく残酷な仕打ちに違いない。それでも、絶望だけが残ったわけではないと予感させる展開が心憎い。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2005年1月29日
キャスト 監督市川準
原作村上春樹
ナレーション西島秀俊
出演イッセー尾形 宮沢りえ
配給 東京テアトル
制作国 日本(2004)
上映時間 75分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「トニー滝谷」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-11-22 00:11:02

広告を非表示にするには