フリック 作品情報

ふりっく

すべては妄想なのか?うら寂しい北の町で刑事を待っていたものは…

妻を殺害されてから、酒浸りの毎日を過ごす刑事・村田(香川照之)の自宅に、同僚の滑川(田辺誠一)が訪ねてくる。渋谷のラブホテルで起きた殺人事件の被害者(安藤稀)の身元を確認するために、遺族を苫小牧から東京へ連れてくるという出張の任務を伝えにきたのだ。滑川は、やる気のない村田をなんとか説得して、北海道へ発つ。事件は、未解決の連続殺人事件と同一犯によるもので、迷宮入り必至とみなされていたが、被害者の実家を訪ねて疑問を抱いた村田は、独自に捜査を始める…。

「フリック」の解説

果てしなく広がる高い空と、どこまでも真っすぐに続く道。そこには何もなく、誰もいない。目に映るのは、寒々とした空間ばかり。まるで時間が止まってしまったかのような錯覚に襲われる。それは、全編苫小牧ロケを敢行したという寂寥感漂う風景に加え、主人公の刑事のマンションや、謎めいたバーの女の部屋さえも、がらんどうで、人の気配が徹底的に排除されているからかもしれない。

妻を失った刑事が、殺人事件を追うというのが、基本のラインだが、誰が誰を殺したのか。そもそも、何が本当に起きたことなのか、ストーリーが進行するにつれ、ますますわからなくなる。全ては、脚本も担当した小林政弘監督が企んだこと。脚本執筆のみに一年半を費やし、ついに念願の刑事ドラマを誕生させた。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2005年1月22日
キャスト 監督・脚本小林政弘
出演香川照之 田辺誠一 大塚寧々 高田渡 田中隆三 安藤稀 松田賢二
配給 ケイエスエス
制作国 日本(2004)
年齢制限 R-15
上映時間 154分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「フリック」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-09-27 11:00:06

広告を非表示にするには