パッチギ! 作品情報

ぱっちぎ

せつなさと、優しさと、血潮をたぎらせる情熱に満ちた熱い青春が甦る!

グループ・サウンズ全盛の1968年。京都府立東高校の空手部と、朝鮮高校の番長・アンソン(高岡蒼佑)一派は、激しく対立していた。アンソンの妹で、フルートが得意なキョンジャ(沢尻エリカ)に心を奪われた、東校の松山康介(塩谷瞬)は、彼女が奏でる美しい曲が、「イムジン河」という朝鮮半島に思いを馳せた歌だと、音楽に詳しい坂崎(オダギリジョー)に教えられる。キョンジャと親しくなりたい一心で、康介は、ギターの弾き語りで「イムジン河」を練習し、朝鮮語の独学を始める。

「パッチギ!」の解説

女の子と親密な関係になることが一番の関心事だった高校生が、在日朝鮮人の女の子に恋をしたことで、自分が何も知らなかったことに気づく。そして、「なぜ」という疑問を持つ。なぜ、「イムジン河」は、レコード発売が中止になったのか。なぜ、在日の人たちに、恨みたっぷりに罵倒されるのか。なぜ、自分と彼女の間に、渡れない河が横たわっているのか…。

この「なぜ」を持ち続け、失敗に怯むことなく、何度でも挑戦し、渡れない河があることも承知で生きてゆくたくましさが、いつの時代にも必要なのだろう。ともすれば、線が細く、生命力に乏しい印象の今時の若い俳優たちが、井筒監督の情熱的指導の賜物か、精一杯、躍動する姿を見せ、不敵な面構えも堂に入っている。大らかで野蛮な、最高に面白い熱血青春映画が誕生した。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2005年1月22日
キャスト 監督井筒和幸
出演塩谷瞬 高岡蒼佑 沢尻エリカ 楊原京子 尾上寛之 真木よう子 小出恵介 波岡一喜 オダギリジョー 光石研
配給 シネカノン
制作国 日本(2004)
年齢制限 PG-12
上映時間 119分

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「パッチギ!」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-12-01 00:01:01

広告を非表示にするには