社長学ABC 作品情報

しゃちょうがくえーびしー

「社長」シリーズ、第32作目

大日食品社長の網野参太郎は、大日系会社の躍進をねがう大日物産の郷司社長から、大社長の椅子を与えられることになった。参太郎は、社内の動揺を考えて、後任の新社長に専務の丹波久を、総務部長の石橋を専務に、営業課長の猿渡を部長にそれぞれ昇格させた。ところが、大日物産の株主総会で、郷司の親会社社長留任が決まり参太郎は大日食品会長として丹波新社長を援助することになった。名目は会長でも実際は社長二人と同じこと社内は大混乱になった。

「社長学ABC」の解説

『続社長えんま帖』の笠原良三と松林宗恵のコンビが、脚本・監督を担当したシリーズ第32作。撮影は「水戸黄門漫遊記(1969)」の長谷川清が担当した。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督松林宗恵
出演森繁久彌 久慈あさみ 東野英治郎 小林桂樹 司葉子 内藤洋子
制作国 日本(1970)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「社長学ABC」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:46:43

広告を非表示にするには