新座頭市 破れ!唐人剣 作品情報

しんざとういちやぶれとうじんけん

シリーズ第22作目。座頭市が、はじめて異国の唐人剣と対峙する

襲いくる杉戸一家のやくざを叩っ斬り、今日も、御法度の裏街道を旅していた座頭市は、瀕死の唐人から小栄という子供を預けられた。街道筋で南部藩といさかいを起こして追われる身となった王という唐人剣士が小栄の知人であることを知った市は王を救い小栄を渡してやった。一夜の宿に、と入った水車小屋で市は再び2人に出合い、小栄のカタコトの通訳で王が福龍寺に友人をたずねていくと知った市は、心よく案内役を買ってでた。

「新座頭市 破れ!唐人剣」の解説

日本の豪剣、魔剣と対決してきた座頭市が、はじめて異国の唐人剣と対峙する。脚本は安田公義と『忍びの衆』の山田隆之。監督は『怪談累が淵(1970)』の安由公義。撮影も同作の牧浦地志がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督・脚本安田公義
原作子母沢寛
脚本山田隆之
音楽富田勲
出演勝新太郎 王羽 浜木綿子 寺田路恵 南原宏治 安部徹
制作国 日本(1971)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「新座頭市 破れ!唐人剣」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-09-02 00:01:17

広告を非表示にするには