恋文日和 作品情報

こいぶみびより

コミック作家、ジョージ朝倉の原作を映画化した、4つの恋する手紙の物語

便箋専門店で働く美子は、主任の鈴森に片想いをしている。しかし鈴森は、毎週金曜に来店する万里子に想いを寄せ、美子は心とは裏腹に、鈴森をけしかけてしまう(便せん日和)。学校の屋上でラブレターを見つけた文子は、その純粋な文面に惹かれ、名前を伏せて返事を書いた。(あたしを知らないキミへ)。高校生の陽司は、自分に宛てた手紙の主が宮下千雪だと確信し、なぜか放っておけなくなる(雪に咲く花)。死んだ兄の恋人にビデオレターを届けた健二は、自分と解かり合えなかった兄の別の一面を知った(イカルスの恋人たち)。

「恋文日和」の解説

手紙がつないだ、人と人の関係を描く4つのラブストーリー。原作は、「カラオケバカ一代」で知られるコミック作家、ジョージ朝倉が、別冊フレンドで98年に開始した連載「恋文日和」で、コミックは累計20万部を超えるヒット作。映像化にあたり、人気の高い「あたしを知らないキミへ」「雪に咲く花」「イカルスの恋人たち」の3作品がセレクトされ、映画オリジナルのストーリーとなった「便せん日和」が、その橋渡し的な役割を担っている。

出演俳優には、映画やドラマ、音楽界で活躍する若者たちが勢ぞろい。玉山鉄二や塚本高史ら旬の俳優から、大倉孝二といった個性派も登場する。純粋で切ない物語に何かを感じたら、大切な誰かに手紙を書いてみてはどうだろうか?

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2004年12月4日
キャスト 監督大森美香 須賀大観 永田琴恵 高成麻畝子
出演村川絵梨 弓削智久 小松彩夏 田中圭 玉山鉄二 塚本高史 當山奈央 中越典子 大倉孝二
配給 シネカノン
制作国 日本(2004)
上映時間 111分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「恋文日和」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:46:26

広告を非表示にするには