ネバーランド 作品情報

ねばーらんど

夢見る心を忘れたすべての人に…『チョコレート』の監督が贈る、ピーター・パン誕生の物語

20世紀初頭のロンドン。劇作家のジェームズ・バリ(ジョニー・デップ)は、公園でシルヴィア(ケイト・ウィンスレット)と4人の息子たちに出会う。三男のピーターは、父親の死後子供らしさを失っていたが、ジェームズはその姿に、自分が幼い頃に作り上げた想像の世界、ネバーランドを思い起こす。子供たちとの親交に刺激され、ジェームズは新しい劇に取り掛かるが、世間ではあらぬ噂が立ち、ジェームズの妻メアリーは孤独を感じていた。やがて新作「ピーター・パン」が誕生するのだが…。

「ネバーランド」の解説

永遠の少年、ピーター・パンを生み出したスコットランドの作家、ジェームズ・マシュー・バリと、「ピーター・パン」誕生の裏にあるドラマを描く感動作。世界的に知られるファンタジーが、実在の子供たちから着想された物語だったとは、想像するだけでワクワクするが、現実には多くの悲しみや痛みが存在し、4兄弟だけではなく周りの大人たちも、それを乗り越えて様々に成長していく。

信じることの大切さはもちろんだが、ネバーランドは、そこへ行くことではなく、そこから戻ることが重要なのだと改めて教えてくれる、まさに実話の「ピーター・パン」ストーリーといえるだろう。監督は、『チョコレート』のマーク・フォースター監督。バリを演じたジョニー・デップがイギリス英語、しかもスコットランド訛りを披露するほか、ダスティン・ホフマンも顔を出している。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2005年1月15日
キャスト 監督マーク・フォースター
出演ジョニー・デップ ケイト・ウィンスレット ダスティン・ホフマン ラダ・ミッチェル イアン・ハート ケリー・マクドナルド
配給 東芝エンタテインメント
制作国 イギリス=アメリカ(2004)
上映時間 100分

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ネバーランド」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-10-20 14:22:34

広告を非表示にするには