陽炎3 作品情報

かげろうすりー

“陽炎”シリーズ第3弾

昭和6年、女胴師・不知火おりんは、瀬戸内海のある小さな港町に降り立った。そこでは暴利を貪る網元・郷田と組合を結成した漁師たち、港を仕切る大橋組と賭場や遊郭を仕切る山傳組がそれぞれ対立しあい、争いごとが絶えない。大勢の極道から袋叩きにされていた漁師のリーダー的存在・次郎を助けたことが縁で、おりんは次郎の父で山傳組組長・山本伝吉の家に草鞋を脱ぐことになった。山傳組のシマを手に入れようと躍起になっている大橋組の送り込んだ胴師・岩田銀造と一勝負打つことになったおりんは、見事これに勝利する。

「陽炎3」の解説

瀬戸内海の小さな港町で対立するふたつの組の抗争に巻き込まれた女胴師の活躍を描いたアクション・シリーズの第3弾。監督は『卍舞III』の吉田啓一郎。脚本を田村恵、撮影を浜名彰が担当している。主演は『義務と演技』の高島礼子。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督吉田啓一郎
出演高島礼子 深水三章 梨本謙次郎 長門裕之 遠藤憲一 火野正平
制作国 日本(1997)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「水口栄一」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-09-15

私がこの映画を観たのは梨本謙次郎さんが出演されていたからだ。梨本謙次郎さんはあるテレビドラマで私と同姓同名の役を演じられたことがあり、とても親近感があったのだ。この映画はひじょうに迫力があって面白いと思った。私は静かな生活をしているが、争いとか喧嘩なども何とも思っていない。これまでそんなことはいっぱい経験しているし、人生にそんなことは当然だと思っている。私のなかには闘争に対する凄まじいパワーがあるのだ。だからこれは共感できるところがいっぱいあった。何よりも高島礼子さんは美しすぎる。演技も素晴らしい。最高のいいオンナだと思う。大好きだ。

最終更新日:2021-01-21 17:09:07

広告を非表示にするには