隠し剣 鬼の爪 作品情報

かくしけんおにのつめ

爽やかな感動が再び甦る。山田洋次監督が、藤沢周平の時代小説を映画化した第二弾

幕末の東北。海坂藩の平侍、片桐宗蔵(永瀬正敏)は、母と妹の志乃、女中のきえ(松たか子)と、貧しくも笑顔の絶えない日々を送っていた。やがて母が亡くなり、志乃ときえは嫁入りしていった。ある日宗蔵は、きえが嫁ぎ先で酷い扱いを受けて寝込んでいることを知り、やつれ果てたきえを背負い連れ帰る。その頃、藩に大事件が起きた。かつて、宗蔵と同じ剣の師範に学んだ狭間弥市郎が、謀反を起こしたのだ。宗蔵は、山奥の牢から逃亡した弥市郎を切るように命じられる…。

「隠し剣 鬼の爪」の解説

アカデミー外国語映画賞にノミネートされた『たそがれ清兵衛』から2年、山田洋次監督が、再び藤沢周平の小説をスクリーンに映し出した。原作は、隠し剣シリーズの「隠し剣鬼ノ爪」と、男女の愛を描いた短編「雪明かり」を組み合わせたもので、山田監督らしい綿密な人間描写やコミカルな要素が取り入れられ、重層的なドラマが展開していく。「山田組」の撮影現場は上出来以上のものを要求されることで知られているが、主演の永瀬正敏は、マゲのために本当に頭を剃りあげたほど、熱を入れて宗蔵役に挑んだ。

愛する者の幸せを願う心、世の理不尽に悔しさをかみ締めながら信念に生きる人間たちの姿は、『たそがれ清兵衛』同様に、観客の胸を震わせるだろう。庄内弁の柔らかさも心地よいが、セリフ一言に人物の表情が現れて、粋を感じることが出来る。冨田勲氏の壮麗な音楽も心を打つ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2004年10月30日
キャスト 監督・脚本山田洋次
原作藤沢周平
脚本朝間義隆
出演永瀬正敏 松たか子 吉岡秀隆 小澤征悦 田畑智子 高島礼子 倍賞千恵子 田中邦衛 光本幸子 田中泯 小林稔侍 緒形拳
配給 松竹
制作国 日本(2004)
上映時間 131分

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「隠し剣鬼の爪」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2009-09-22

山田洋二は本当に才能があると思った。画面の隅々まで神経が行き届いており作品世界を完璧に構築している。これ程の高精度の映画を作れる監督がアニメ以外で今の日本にはたして何人いるか。確か松本清張の霧の旗の脚本も書いていたと記憶しているが息詰まるサスペンス映画を撮って欲しい。

最終更新日:2019-05-24 13:16:39

広告を非表示にするには