僕はラジオ 作品情報

ぼくはらじお

全米が涙した感動秘話を、名優たちの共演で贈るヒューマン・ドラマ

1976年、米南部の平和な町アンダーソン。名門ハナ高校のアメフト部コーチ、ハロルド・ジョーンズは、練習場の周りをうろつく青年のことが気にかかっていた。知的障害を持ちいつも一人ぼっちの青年は、ラジオから流れる音楽だけが友達だった。ある日、練習場の外に出たボールを返さなかったことを理由に、チームの生徒が彼を痛めつける。ジョーンズは生徒たちを厳しく叱り、青年に一緒に練習に参加しないかと声を掛ける。“ラジオ”というニックネームをもらった青年は、アメフト部の臨時コーチとして練習を手伝い始めるが…。

「僕はラジオ」の解説

アメリカ最大のスポーツ専門誌“スポーツ・イラストレイテッド”に掲載され、たちまち全米中の話題となった実話を映画化。知的障害を持った黒人青年“ラジオ”と名門高校アメフト部のコーチの心温まる交流を、名優たちの共演でつづった感動作。主演は『ザ・エージェント』でアカデミー賞助演男優賞を得たキューバ・グッディングJr.と、多彩なジャンルで卓越した演技を見せるエド・ハリス。さらに名女優デブラ・ウィンガーが、彼らを見守る理知的な女性を好演する。

3人の細やかな演技に加え、ハイスクールのスポーツを町ぐるみで応援する南部社会のアットホームな雰囲気が作品に真実味を与え、ありがちな美談を超えた感動を呼ぶ。ちなみに実在の“ラジオ”本人は、現在も同校アメフト部の名誉コーチとして町の人々に愛され続けているそうである。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2004年9月25日
キャスト 監督・製作マイク・トーリン
脚本マイク・リッチ
出演キューバ・グッディングJr. エド・ハリス デブラ・ウィンガー アルフレ・ウッダード
配給 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
制作国 アメリカ(2003)
上映時間 119分

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「僕はラジオ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-03-22 14:17:59

広告を非表示にするには