この子を残して 作品情報

このこをのこして

永井隆原作のノンフィクションの映画化

昭和20年8月7日、長崎医大放射線科の医師、永井隆は日増しに激しさを増す空襲に、10歳の息子・誠一と5歳の娘・茅乃を、妻・緑の母・ツモの居る木場に疎開させた。その夜、緑は診察のため長い放射線をあび、自ら命を縮めようとしている隆に休息するよう懇願するが、彼は患者が増えているからと聞き入れない。8月9日、午前11時2分。川で泳いでいた誠一は、浦上の方で空がピカッと光るのを見た。そして突風が津波のように押しよせてきた。街の方で何かあったのかもしれないと様子を見に出かけたツモは、日が暮れてから漸く緑の骨を缶に拾って戻って来た。

「この子を残して」の解説

長崎の原爆で妻を失くし、自らも被爆した医学博士が、自分の体験を後世に残すため書き綴る姿を描く。永井隆原作のノンフィクションの映画化で、脚本は山田太一と『父よ母よ!』の木下恵介の共同執筆。監督も木下恵介、撮影は『南十字星』の岡崎宏三がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督・脚本木下恵介
原作永井隆
脚本山田太一
出演加藤剛 十朱幸代 中林正智 西嶋真未 淡島千景 山口崇 大竹しのぶ 神崎愛 麻丘めぐみ
制作国 日本(1983)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「この子を残して」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-08-19 00:01:18

広告を非表示にするには