完全なる飼育 赤い殺意 作品情報

かんぜんなるしいくあかいさつい

雪に閉ざされた禁断の三角関係-。ピンク映画の巨匠が放つシリーズ第6作

愛人に夫の殺害を依頼され、借金苦から引き受けてしまったホストの関本。だが関本は、犯行現場を近所の主婦に目撃され、警察の非常線に包囲されてしまう。雪深い田舎町を逃げ回った関本は、やがて一軒の民家に辿り着く。その家には無口な少女が住んでいた。少女は関本を警察からかばってくれるが、自分のことについては明子という名前しか語らない。翌日、家主らしき中年男が帰ってくる。明子の指示で天井裏に隠れた関本は、そこで男と明子の禁断の関係を目撃する。明子はこの家に閉じ込められ、男に「飼育」されていたのだった。

「完全なる飼育 赤い殺意」の解説

監禁と飼育をテーマに倒錯的な性愛の形を描いてきた「完全なる飼育」シリーズ。第6作に、セックスとバイオレンスの巨匠、若松孝二監督が登場。雪に埋もれた一軒家を舞台に、捕われの少女と監禁犯、そして2人を見つめる逃亡犯というスリリングな三角関係を描く。ピンク映画に数々の名作を生んできた若松監督にとって、この設定は自らの庭のようなもの。

大胆な官能描写と繊細な心理表現を交錯させながら、衝撃的なドラマを導いてゆく。新人女優の登竜門となっているヒロインには、オーディションで選ばれた伊東美華。無垢な存在感とそれに似合わぬハードなエロスのミスマッチが、観客の心を惹きつける。いつも以上の怪演を見せる佐野史郎、心優しき悪党を好演する大沢樹生も、対照的な役柄で、それぞれに男のエゴを表現している。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2004年9月18日
キャスト 監督若松孝二
脚本久保寺和人 出口出
出演伊東美華 佐野史郎 大沢樹生 石橋蓮司
配給 アートポート
制作国 日本(2004)
年齢制限 R-15
上映時間 99分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「完全なる飼育 赤い殺意」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:45:43

広告を非表示にするには