悪名一番 作品情報

あくみょういちばん

勝新太郎、田宮二郎の“悪名”コンビによる、アクション・ドラマ

年の瀬も押しつまった頃朝吉と清次のもとに、お照が店の朋輩のもめごとを、持ち込んできた。大衆の零細な資金を集めて、町の金融業を営む大黒金融の不良社員が、預金を持ち逃げ、支払不能に陥ったというのだ。話を聞いた朝吉と清次は、大阪支社に乗り込み、気の毒な預金者の依頼を引受け、東京本社に善後策をかけあうため、持ち逃げ犯人の大野平助を追ってトラックで東上した。平助の姉の妙子を訪ねた朝吉、清次の2人は、四国で名前をかたっていた偽せ者の一郎と二郎に再会した。

「悪名一番」の解説

今東光の同名小説より、『悪名波止場』の依田義賢が脚色『眠狂四郎殺法帖』の田中徳三が監督したアクション・ドラマ。撮影は、『続忍びの者』の武田千吉郎。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督田中徳三
原作今東光
出演勝新太郎 田宮二郎 江波杏子 藤原礼子 雪代敬子 丸井太郎 茶川一郎 芦屋小雁 芦屋雁之助
制作国 日本(1963)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「悪名一番」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:45:28

広告を非表示にするには