ちいさこべ 作品情報

ちいさこべ

山本周五郎の原作を映画化

神田の大工“大留”の若棟梁茂次は、川越で初めての仕事に張り切っていた。そこへ弟子のクロが悲報をもたらした。江戸に大火があり大留は丸焼け、茂次の両親も焼け死んだというのだ。茂次は驚いたものの、後見の大六を江戸へやっただけで自分は仕事の完成まで川越で頑張った。仕事も終り茂次が江戸へ戻ってみると、近所の娘で茶屋奉公をしていたおりつが大工達の世話をしていた。呆れたことにおりつは浮浪児を五人も養っていた。大留の再興を自力で成し遂げようと片意地なまでに思い込んだ茂次は、子供達まで養えないから元の町内へ戻せとおりつをしかるのだった。が…。

「ちいさこべ」の解説

山本周五郎原作を『豪快千両槍』の野上龍雄、『宮本武蔵(1961)』の鈴木尚之『はだかっ子』の田坂具隆が共同で肌色、田坂具隆が監督した江戸人情話。撮影は『瞼の母(1962)』の坪井誠。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督田坂具隆
原作山本周五郎
音楽伊福部昭
出演中村錦之助 江利チエミ 中村賀津雄 桜町弘子 東千代之介 織田政雄 千秋実
制作国 日本(1962)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ちいさこべ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-02-09 00:01:02

広告を非表示にするには