断崖の決闘 作品情報

だんがいのけっとう

夏木陽介、三橋達也、丹波哲郎らによるアクション・ドラマ

立分組の親分が事故死した。一人息子の勉は、その死に疑問をもち背後に暗黒街の複雑な罠があるとにらんだ。彼は、事件直後、現場の附近で2人の暴漢に襲われている女を弟分のサブと救った。神戸へ帰るといい、“リエ”という縫いとりのあるハンカチを落して、その女は立去った。勉は今度の事件に関連があるとにらみ、代貸の浅倉に留守を頼むと神戸へ向った。地元の手塚組が出迎えた。夜の波止場で、急に拳銃に見舞われた。運送店の店主鳴海がこの急場を救った。勉は鳴海の家に居候することになった。

「断崖の決闘」の解説

『唄祭ロマンス道中』の芝野文雄の脚本を、『漫画横丁 アトミックのおぼん 女親分対決の巻』の佐伯幸三が監督したアクション・ドラマ。撮影は『女家族』の岡崎宏三。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督佐伯幸三
出演夏木陽介 三橋達也 丹波哲郎 中丸忠雄 平田昭彦 水野久美 淡路恵子
制作国 日本(1961)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「断崖の決闘」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:45:14

広告を非表示にするには