やくざ番外地 抹殺 作品情報

やくざばんがいちまっさつ

“やくざ番外地”シリーズ2作目

関西銀誠会々長、村島は勢力拡大に関東に手を伸ばし小田原の宇田組が狙われ、次に川崎の高見組がやり玉にあがった。組長高見は刑務所に入っていたが、幹部伊沢は銀誠会のいやがらせから組を守り抜いていた。一方宇田組の早川は、宇田の仇と村島を狙い傷つけてしまい、狙われる身となった。そんな時、出所してきた高見は銀誠会に買収された横浜の本波が仕向けた刺客に襲われたが、同心会の貝塚に助けられた。高見組にはいろいろな形で本波や銀誠会からいやがらせがあった。その最中、早川は高見にかくまわれた。

「やくざ番外地 抹殺」の解説

『傷害恐喝 前科十三犯』の山崎巌、西田一夫の脚本を『魔性の女』の柳瀬観が監督したシリーズ第2作。撮影は『さくら盃 仁義』の萩原泉が担当した。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督柳瀬観
出演丹波哲郎 渡哲也 中丸忠雄 葉山良二 有沢正子 安城由貴 丘みつ子
制作国 日本(1969)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「やくざ番外地 抹殺」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:45:06

広告を非表示にするには