女帝 春日局 作品情報

じょていかすがのつぼね

春日局の謎につつまれた半生を描く

天下分け目の関ケ原合戦の数年後の1604年、浪人・稲葉正成の妻ふくが夫の仕官を依頼すべく京都伏見城に徳川家康を訪ねた折のことだった。好色絶倫の家康に迫られたふくは、そのまま家康の子を身ごもってしまう。翌1605年の夏、江戸城では徳川大納言秀忠の正室・お江与が懐妊した。このことで江戸城は乳母を募った。この機を捉え、ふくは5人の幼な子と若い女中つめを連れ江戸へ出奔し、乳母役として最後の2人まで残った。その時、ふくは出産直後で愛らしい男の赤ん坊を抱いていた。大年寄・大姥の局は、健康な母体を持つふくを推し、民部の局は、ふくが逆臣明智光秀の血を引く女ということで激しく反対した。

「女帝 春日局」の解説

徳川300年の歴史の中一代で「女帝」の名を裕しいままにした、本名おふくこと春日局の謎につつまれた半生を描く。原作・脚本は『極道の妻たち 三代目姐』の高田宏治が執筆、監督は『瀬降り物語』の中島貞夫、撮影は『あ・うん』の木村大作がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督中島貞夫
原作・脚本高田宏治
撮影木村大作
出演十朱幸代 名取裕子 鳥越マリ 草笛光子 金田賢一 吉川十和子 高瀬春奈 長谷直美
制作国 日本(1990)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「女帝 春日局」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-12-13 15:36:47

広告を非表示にするには