シルミド 作品情報

しるみど

歴史に隠された悲劇の実話が、遂にスクリーンに! 韓国国民の心を震わせた壮絶なドラマ

死刑囚のインチャン(ソル・ギョング)は、他の囚人たちとともに孤島シルミドへ送られた。彼らはそこで、空軍のチェ准尉(アン・ソンギ)の下、北朝鮮の金日成の首を取る秘密特殊部隊として訓練を受けることに。訓練兵たちは、任務を終えれば社会へ戻れると信じ、過酷な訓練をこなしていく。そして、遂に出撃の夜がやってきた。しかし、兵士たちが死を覚悟して海へ出た時、突如、命令は取り消される。北との歩み寄りへ方針を変えた政府は、チェ准尉に部隊の抹殺を命じるのだった…。

「シルミド」の解説

1971年に起きた「シルミド事件」は、当時「北朝鮮のゲリラがソウル突入を図った」と発表された。実際には、彼らは北へ出撃すべく訓練された韓国兵士であり、自国の情報部に抹殺されようとしていた男たちだった。そんな衝撃の事実を、大胆に映画化し絶大なヒットを記録したのが、本作『シルミド』。南北朝鮮の分断は様々な形で映画に描かれてきたが、今回は、韓国史の闇の部分を突いた作品として、これまでの作品とは違った衝撃を受けることだろう。

難しいテーマに果敢に挑んだのは、プロデューサーとしても手腕を振るうカン・ウソク監督。極限の緊張の中で、誰もがその高い演技力を認めるアン・ソンギ、ソル・ギョングらが、見捨てられた男たちの憤りと哀しみを迫力の表情で演じた。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2004年6月5日
キャスト 監督カン・ウソク
出演ソル・ギョング アン・ソンギ ホ・ジュノ
配給 東映
制作国 韓国(2003)
上映時間 135分

(C)2003 CINEMA SERVICE ,a Unit of Plenus Ent.

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「シルミド」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:44:51

広告を非表示にするには