少年時代 作品情報

しょうねんじだい

富山を舞台に、疎開してきた少年と地元の少年との友情と葛藤を描く

昭和19年10月、戦況の逼迫する中、東京の小学校五年生だった風間進二は、富山に縁故疎開することになった。富山で最初に進二に近づいてきたのは地元のリーダー武で、田舎での生活に不安を抱き始めていた進二は、そんな武に親しみを感じるのだった。ところが武は学校でよそ者扱いされる進二を無視し、自らも進二に対しい高圧的な態度で接してきた。進二は武の矛盾する態度が理解できないまま、皆の前では召使いのような扱いに甘んずるのだった。年が明けたころ、進二は東京からの荷物を受取りに行った隣町で悪童どもにからまれる。だがそれを救ったのは武だった。

「少年時代」の解説

昭和19年の富山を舞台に、そこに疎開してきた少年と地元の少年との友情と葛藤を描く。柏原兵三原作の小説「長い道」と藤子不二雄Aの同名漫画の映画化で、脚本は『この子を残して』の山田太一が執筆。監督は『舞姫(1989)』の篠田正浩。撮影は『レディ!レディ(1989)』の鈴木達夫がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督篠田正浩
原作柏原兵三 藤子不二雄A
脚本山田太一
出演藤田哲也 堀岡裕二 山崎勝久 小日向範威 小山篤子 岩下志麻 細川俊之 河原崎長一郎 三田和代 仙道敦子
制作国 日本(1990)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「少年時代」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-02-19 11:00:07

広告を非表示にするには