無宿人御子神の丈吉 牙は引き裂いた 作品情報

むしゅくにんみこがみのじょうきちきばはひきさいた

一度は渡世の足を洗った男が、妻子を惨殺され復讐の旅に出る

旅から旅へさすらい、喧嘩の修羅場に命を張る一匹狼--房州無宿・御子神の丈吉。渡世人はその名を聞いただけで恐れた。ある日、丈吉は、足の生爪をはがして高熱を出し、宇都宮の茶屋の娘、お絹の手当てを受けた。ところが、このお絹を如来堂の久兵衛と開雲の長五郎が張り合っており、無理矢理お絹を連れ去ろうとするのを、丈吉が邪魔をする。仕返しを恐れたお絹を丈吉は連れて土地を離れた。--3年後。お絹との間に一粒種、小太郎をもうけた丈吉は、武州本庄宿で細工師として堅気の暮しをしていた。

「無宿人御子神の丈吉 牙は引き裂いた」の解説

時代小説に新しい股旅ブームを捲き起した笹沢佐保原作の同名小説の映画化。一度は渡世の足を洗った男が、妻子を惨殺され復讐の旅に出る……。脚本は『現代やくざ 人斬り与太』の石松愛弘。監督は『片足のエース』の池広一夫。撮影は『沈黙』の宮川一夫がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督池広一夫
原作笹沢左保
脚本石松愛弘
出演原田芳雄 中村敦夫 峰岸隆之介 北林早苗 松尾嘉代 楠田薫 水原麻記 南原宏治 内田良平
制作国 日本(1972)

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-05-31

本篇脚本の石松愛弘シナリオのTVドラマ 「検事・霞夕子 白い影」を視聴。時勢柄,桃井かおりと代議士役の星由里子との対決が見応え有り!

最終更新日:2020-06-05 16:00:10

広告を非表示にするには