ジャンプ 作品情報

じゃんぷ

もしも、あの時…一個のりんごが象徴する、掛け違えた人生のボタン

三谷純之輔(原田泰造)は、だらしなさとは無縁の清潔な独身男。会社にはまじめに通っているし、半年のつきあいの恋人もいる。翌日に出張を控えた日曜の夜、恋人はるみ(笛木優子)のアパートに泊まった純之輔は、飲めない酒を飲んで酔っ払い、自分のためにりんごを買いに行ったまま、はるみが部屋に戻っていないことに、朝まで気づかない。仕事も手に付かず、忽然と消えてしまった恋人の行方を必死で探す純之輔を、そっと見守るのは同僚の鈴乃木早苗(牧瀬里穂)だった。

「ジャンプ」の解説

人がひとり、死という選択肢を除いて、誰かの前から姿を消すことは、どうやらさほど難しいことではないようだ。きっかけさえあれば、そのサインを逃すことさえなければ。だから、はるみの失踪がもたらすのは、喪失感ではなく、焦燥感だ。純之輔は、モヤモヤとした納得できない思いを抱え込んで生きて行く。そして5年後、ようやく失踪の理由が明かされるが、それですべてがクリアになるわけではない。

意志の力も、運命のいたずらのような偶然も、結局は、必然だから。恋、あるいは人生は、大抵の場合、思い通りにはならず、後戻りができない。その現実を受け入れて人は生きて行く。佐藤正午の原作小説を愛読し、映画化に情熱を傾けていた初監督の竹下昌男の思いが結実した作品。穏やかに戸惑う原田泰造の好演も光る。

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2004年5月8日
キャスト 監督竹下昌男
原作佐藤正午
出演原田泰造 牧瀬里穂 笛木優子 光石研 鈴木砂羽 唯野未歩子 寺島進 平泉成 上田耕一 伊武雅刀
配給 シネカノン
制作国 日本(2003)
上映時間 115分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「ジャンプ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-12-11 15:00:06

広告を非表示にするには