もも子、かえるの歌がきこえるよ。 作品情報

ももこかえるのうたがきこえるよ

家族愛と葛藤、健常者と障害者の共生の問題等、今日の人間の生きる喜びと悲しみを爽やか感動的に描く

力(りき)ともも子は双子の兄妹。兄の力は元気いっぱいの小学3年生、妹のもも子は知的な遅れと体の障害があり、養護学校に通っています。いつも酸素ボンベで呼吸しなければならないもも子ですが、明るく負けず嫌いで、何でも自分でやらなければ気がすまない性格。「お兄ちゃんだけ小学校へ行って、ずるい!もも子行きたい!」毎日駄々をこねて力を困らせますが、大好きな“かえるの合唱”の歌を歌うと機嫌が直って笑顔になるのでした。ある日、もも子は交流授業で週に一日、力の小学校に通えることになった…。

「もも子、かえるの歌がきこえるよ。」の解説

主人公は、いつも酸素ボンベで呼吸してるもも子。明るく負けず嫌い、天真爛漫なもも子。そんな妹を愛おしく思う兄・力の優しさと心の成長を中心に、家族愛と葛藤、健常者と障害者の共生の問題等、今日の人間の生きる喜びと悲しみを爽やか感動的に描く。現在も、養護学校の教師として活躍している星あかりが実体験をもとに、生きるとはどういうことかを問いながら書き下ろした児童書「もも子・ぼくの妹」は出版以来大きな話題に。

企画・製作は『ハッピーバースデー 命かがやく瞬間』『5等になりたい。』で全国的な話題を呼んだ、ゴーゴービジュアル企画の桂壮三郎が担当。監督は『ハッピーバースデー 命かがやく瞬間』でキャラクターデザインと絵コンテで好評を得た四分一節子が担当。アニメーション制作は高い技術人を擁し、映画、テレビ、ビデオ等で実績を持つマジックバス。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督四分一節子
原作星あかり
音楽大島ミチル
声の出演間宮くるみ 内山昂輝 大石治人 伊藤健太郎[声優] 野口清香 村上想太 伊宮理恵 山野井仁 伊藤つかさ
制作国 日本(2004)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「もも子、かえるの歌がきこえるよ。」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-10-27 16:47:00

広告を非表示にするには