五瓣の椿 作品情報

ごべんのつばき

山本周五郎の同名小説を野村芳太郎が監督した文芸もの

天保5年正月12日の夜半、本所亀戸天神のむさし屋喜兵衛の寮が燃え、焼跡から3人の死体が出た。それは結核におかされた当主喜兵衛と、妻おその、娘おしのと認められた。それから数カ月たった晩秋のこと、常盤津の三味線弾きで人気絶頂の岸沢蝶太夫は、身元不明の素人娘おりうに血道をあげていた。だが世なれた蝶太夫に身元も名のらず、年増も及ばぬ色気と手管で、あつかうさまは、何か異様な感をもたせた。

「五瓣の椿」の解説

山本周五郎の同名小説を『がらくた』の井手雅人が脚色『拝啓総理大臣様』の野村芳太郎が監督した文芸もの。撮影もコンビの川又昂。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督野村芳太郎
原作山本周五郎
音楽芥川也寸志
出演岩下志麻 田村高廣 大辻伺郎 穂積隆信 千之赫子 伊藤雄之助
制作国 日本(1964)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「五瓣の椿」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-09-25 14:38:41

広告を非表示にするには