トラック野郎 度胸一番星 作品情報

とらっくやろうどきょういちばんぼし

シリーズ5作目は、佐渡、北陸・金沢が舞台

真夏の国道17号線を新潟方面に向って走る星桃次郎の“一番星”と松下金造の“ヤモメのジョナサン”。2人が巧みに警察のねずみ取りから逃れ、ドライバー仲間から幽霊峠と呼ばれる曽地峠にさしかかった時は、日もとっぷり暮れていた。緊張のあまりトラックを降りた桃次郎は、霧雨の中で浴衣姿の美しい女性と出会った。女性は「佐渡で…」と言葉を残し消えていった。以後、その幻の女性のとりこになってしまう桃次郎。一方、相棒の金造も道中拾った渡り鳥のマヤに熱を上げるしまつ。

「トラック野郎 度胸一番星」の解説

シリーズ5作目。今回のマドンナには片平なぎさを迎え、佐渡、北陸・金沢を舞台に物語は繰り広げられる。脚本は『トラック野郎 望郷一番星』の野上龍雄と澤井信一郎の共同、監督は『トラック野郎 天下御免』の鈴木則文、撮影は『新女囚さそり 701号』の飯村雅彦がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督鈴木則文
脚本野上龍雄 澤井信一郎
出演菅原文太 愛川欽也 片平なぎさ 宮口精二 夏樹陽子 あき竹城 須賀良 奈辺悟 小島三児 高月忠
制作国 日本(1977)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「トラック野郎 度胸一番星」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-02-19 11:33:02

広告を非表示にするには