香華(前編・後編) 作品情報

こうげ

有吉佐和子の同名小説を木下恵介が脚色、監督した文芸もの

〈吾亦紅の章〉明治37年紀州の片田舎で朋子は父を亡くした。3歳の時のことだ。母の郁代は小地主須永つなの一人娘であったが、大地主田沢の一人息子と、須永家を継ぐことを条件に結婚したのだった。郁代は20歳で後家になると、その美貌を見込まれて朋子をつなの手に残すと、高坂敬助の後妻となった…。〈三椏の章〉関東大震災を経て、年号も昭和と変わった頃、朋子は25歳で、築地に旅館“波奈家”を開業していた。朋子の頭の中には、江崎と結婚する夢だけがあった…。

「香華(前編・後編)」の解説

有吉佐和子の同名小説を『死闘の伝説』の木下恵介が脚色、監督した文芸もの。撮影もコンビの楠田浩之。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督・脚色木下恵介
原作有吉佐和子
出演乙羽信子 岡田茉莉子 田中絹代 北村和夫 岡田英次 宇佐美淳也 加藤剛 三木のり平
制作国 日本(1964)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「香華(前編・後編)」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-09-25 14:38:41

広告を非表示にするには