ヴェロニカ・ゲリン 作品情報

ぶぇろにかげりん

信念のため銃弾に倒れたアイルランドの女性記者を描く、心揺さぶる真実の物語

サンデー・インディペンデント紙の記者、ヴェロニカ・ゲリンは、ダブリンの子供たちが麻薬に溺れ、売人たちが富を得る現状を見て、麻薬犯罪の取材を始める。知り合いの犯罪者や警察のコネを使い、危険な取材を強行するヴェロニカ。やがて彼女に、警告が発せられる。愛する家族、自分の体を危険に晒しながらも、脅しに屈せず取材を続けたヴェロニカは、やがて麻薬組織のボス、ギリガンにたどり着く。そしてある日、ヴェロニカの運転する車の横に一台のバイクが近づいた…。

「ヴェロニカ・ゲリン」の解説

強い精神力と類まれな行動力で、麻薬犯罪の実情に挑んだ1人の女性記者、ヴェロニカ・ゲリン。彼女が銃弾に倒れた後、その行動はアイルランドの法律をも変え、社会に大きな変化をもたらすことになる。これは、たった1人の真摯な思いが多くの人の心を喚起した、ドラマティックで感動的な実話。真実に果敢に取り組んでいくヴェロニカは、朗らかでユーモアにあふれ、体を動かすことが大好きな女性。しかしその一方で、妻、母、そして娘としてのヴェロニカの横顔も表され、彼女が心の奥で感じていた恐れや葛藤まで、しっかりと感じ取ることができる。

ヴェロニカを演じるのは、ケイト・ブランシェット。凛とした姿で、ヴェロニカの知性、陽気さ、繊細さを見事に体現した。そして、意外な人物がカメオ出演するのも見逃さないでほしい。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2004年5月29日
キャスト 監督ジョエル・シュマッカー
製作ジェリー・ブラッカイマー
出演ケイト・ブランシェット ジェラルド・マクソーレイ バリー・バーンズ シアラン・ハインズ ブレンダ・フリッカー
配給 ブエナ ビスタ インターナショナル(ジャパン)
制作国 アメリカ(2003)
上映時間 98分

(c)Touchstone Pictures and Jerry Bruckheimer,Inc. All rights reserved.

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ヴェロニカ・ゲリン」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-11-12 13:22:41

広告を非表示にするには