十一人の侍 作品情報

じゅういちにんのさむらい

夏八木勲主演のアクション時代劇

将軍の弟にあたる館林藩藩主松平齊厚の短気から、忍藩の主阿部正由が殺された。忍藩次席家老榊原帯刀は訴状を老中水野越前守に届け出た。しかし、齊厚の暴虐と知りつつも、水野は忍藩の非とした。このままでは、藩は取潰しにされると、帯刀は仙石隼人に齊厚暗殺を命じた。隼人は同志9人と共に江戸に向い、暗殺計画を綿密に練った。一方、館林藩の知恵家老秋吉刑部は、忍藩の暗殺隊を予知し、吉原に入りびたりの齊厚に警護をつけ、逆に隼人らを救うが、浪人井戸大四郎に妨げられてしまった。

「十一人の侍」の解説

『牙狼之介』の田坂啓、『神火101・殺しの用心棒』の国弘威雄、『兄弟仁義』の鈴木則文が共同でシナリオを執筆し、『女犯破戒』の工藤栄一が監督したアクション時代劇。撮影は「牙狼之介」の吉田貞次。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督工藤栄一
音楽伊福部昭
出演夏八木勲 里見浩太朗 有川正治 岩尾正隆 青木義朗 林真一郎 五十嵐義弘 汐路章
制作国 日本(1967)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「十一人の侍」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-12-01 00:01:02

広告を非表示にするには