殺人の追憶 作品情報

さつじんのついおく

実際に起きた連続殺人事件を描く、韓国アカデミー賞に輝いた傑作サスペンス

殺人の追憶のイメージ画像1

1986年、ソウル近郊の小さな村で手足を縛られた女性の変死体が発見される。地元刑事のパク(ソン・ガンホ)が捜査に当たるが、手がかりのないまま、新たな犠牲者を出してしまう。ソウル市警からソ刑事(キム・サンギョン)が派遣されるも、パクとソは、捜査方法の違い、容疑者を特定できない焦りから衝突ばかり。その間にも犠牲者は増え続け、やがてパクたちは有力な容疑者、ヒョンギュを捕まえる。証拠不十分でヒョンギュを拘束できないパクたちは、DNA鑑定の結果を待つが…。

「殺人の追憶」の解説

1986年から、6年間で10人の女性が犠牲者となり、韓国を震撼させた連続殺人事件。180万人の警察官が動員され、3000人以上の容疑者が取調べを受けてもなお、犯人は捕まっていない。本作は、未解決に終わった現実の凶悪殺人事件を背景に、捜査に携わった男たちの心理をリアルに描き出したサスペンス。

性格の違う2人の刑事の衝突、ホシを挙げられないあせりと緊張感が時の流れをジリジリと遅らせ、乾いたユーモアと細やかな日常描写も、現実味を帯びるほどに妙な恐怖感を沸きあがらせる。やがて観客は、誰に疑いの目を向けるべきなのか、混乱している自分に気づくだろう。時が流れ、偶然にもかつての殺人現場を通りかかったパク。その表情には、あの日から背負い続けてきたやり切れなさが漂い、苦い追憶となって観客の胸を締め付けるはずだ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2004年3月27日
キャスト 監督ポン・ジュノ
出演ソン・ガンホ キム・サンギョン パク・ヘイル キム・レハ ソン・ジェホ ピョン・ヒボン パク・ノシク チョン・ミソン
配給 シネカノン
制作国 韓国(2003)
上映時間 130分

(C)2003 CJ E&M CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「殺人の追憶」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-11-20 12:09:36

広告を非表示にするには