野獣の肖像 作品情報

やじゅうのしょうぞう

人斬り鬼と呼ばれるやくざと、その生き様を追いかける女性TVカメラマンの人間ドラマ

人斬り鬼と呼ばれ、恐れられているやくざの鬼塚は、ある夜、斬りかかってきた敵対組織の組員を逆に刺し殺してしまう。その決定的瞬間を偶然スクープした新人女性TVカメラマン・純は一躍有名になるが、その映像のために鬼塚は刑務所送りになる。5年後、出所した鬼塚を待っていたのは、かつての敵対組織と合併した自分の組であった。そして敵対組織の幹部だった金田も、今や身内となり幅を利かせていた。もはや鬼塚の居場所はどこにもなくなっていた。

「野獣の肖像」の解説

人斬り鬼と呼ばれるやくざと、その生き様を追いかける女性TVカメラマンの人間ドラマ。監督は『野獣死すべし 復讐篇』の廣西眞人。脚本は『それいけ!アンパンマン 虹のピラミッド』の米村正二。撮影は『アンラッキー・モンキー』の栗山修司が担当した。主演は『実録・新宿の顔/新宿愚連隊』の的場浩司と『今日から俺は!』の細川直美。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督廣西眞人
出演的場浩司 細川直美 金山一彦 寺田千穂 大河内浩 大和田伸也 葉山レイコ 螢雪次朗
制作国 日本(1988)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「野獣の肖像」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:44:06

広告を非表示にするには