続次郎長富士 作品情報

ぞくじろちょうふじ

大映オールスター出演の娯楽時代劇

黒駒の勝蔵を倒して清水へ引上げてきた次郎長に、新しい押しかけ子分七五郎が待っていた。七五郎は、石松も顔まけの短気な男だ。石松と七五郎は、桝川の仙右衛門の仇討を買って出、八角一家を斬りまくった。次郎長の命で、3人は旅に出た。七五郎は旧友のお役者の政に会い、政の女出入りの傍杖をくった。反次郎長派の親分平親王の勇蔵は、政のまちがいを利用し、次郎長陣営の仲間割れを図った。勇蔵の背後には、黒駒の弟分黒竜屋亀吉や、軍師格の新助らが糸を引いていた…。

「続次郎長富士」の解説

『大江山酒天童子』の八尋不二の脚本を『濡れ髪三度笠』の森一生が監督した娯楽時代劇。『銭形平次捕物控 美人蜘蛛』の牧田行正が撮影した。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督森一生
出演長谷川一夫 市川雷蔵 勝新太郎 本郷功次郎 月田昌也 根上淳 北原義郎 鶴見丈二
制作国 日本(1960)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「続次郎長富士」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:44:00

広告を非表示にするには