昭和残侠伝 血染の唐獅子 作品情報

しょうわざんきょうでんちぞめのからじし

マキノ雅弘が監督した“昭和残侠伝”シリーズ第4作目

昭和初期。浅草界隈の左官、大工をまとめ信望を一身に集める鳶政は、今は病身で、後取りの小頭の秀次郎が兵役から帰還してくるのを待っていた。そうした時、東京で博覧会が開かれることになり、会場が上野に決った。上野は鳶政の縄張りだったが、博徒阿久根一家が札束をつんで工事の利権を譲れと言ってきた。これを断った鳶政は阿久津の子分三日仏に殺された。阿久津はその上、市の土木局長高見沢と結託し、鳶政傘下の業者を買収してしまった。そんなやり方に、阿久津の代貸し重吉とその妹文代は心を痛めていた。

「昭和残侠伝 血染の唐獅子」の解説

『日本侠客伝 白刃の盃』の鈴木則文と、『男の勝負』の鳥居元宏が共同でシナリオを執筆し『日本侠客伝 白刃の盃』のマキノ雅弘が監督した侠客もので“昭和残侠伝”シリーズ第4作目。撮影は『解散式』の星島一郎。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督マキノ雅弘
音楽菊池俊輔
出演高倉健 池部良 藤純子 加藤嘉 宮城千賀子 小林勝彦 水島道太郎 大村文武 山城新伍
制作国 日本(1967)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「昭和残侠伝 血染の唐獅子」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-10-28 15:53:03

広告を非表示にするには