やくざの横顔 作品情報

やくざのよこがお

川内康範の原作を小沢啓一が渡哲也主演で監督したアクション

本堂哲平は、横浜港に着いた。4年前、故郷若松で兄を殺した新和組幹部2人を射殺し、父太平から1年間の勘当を受けて、代貸堀田の知人・黒木の船に乗っていたのだった。勘当の期限に5日もあるため、哲平は早崎組に身を寄せた。父太平に連絡してもらうと、二度と若松へ帰るな、という冷たい返事だった。茫然とした哲平に、見知らぬ女・りつ子が声をかけた。早崎組に用のなくなった哲平は黒木の世話で船員ホテルへ移った。ある日、数人の男に襲われた哲平を、山田銀造が助けた。何か影のある銀造が哲平は気になった。

「やくざの横顔」の解説

川内康範の原作を『華やかな女豹』の中西隆三が脚色し、『侠花列伝 襲名賭博』の小沢啓一が監督したアクション。撮影は『大幹部 殴り込み』の高村倉太郎が担当した。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督小沢啓一
原作川内康範
出演渡哲也 宍戸錠 香山美子 内田良平 青木義朗 丘みつ子 沖雅也 麻生れい子 中村竹弥 富永美詠子
制作国 日本(1970)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「やくざの横顔」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:43:51

広告を非表示にするには