楽園の瑕 作品情報

らくえんのきず

ウォン・カーウァイが、伝説の剣士たちの青春群像を鮮烈な感覚で綴った一編

砂漠の宿屋。“西毒”こと欧陽峰(レスリー・チャン)は殺し屋の元締め稼業を営んでいた。彼は白駝山に生まれ、早くに両親を亡くし、兄に育てられた。彼は高名な剣士となる野望のため、恋人(マギー・チャン)を捨て、残された彼女は兄と結婚した。毎年春、親友の“東邪”こと黄薬師(レオン・カーファイ)が訪ねて酒を飲んでいく。恋多き彼は男装の剣士・慕容燕(ブリジット・リン)に愛されながらも彼女を捨てた。妹の媛(ブリジット・リン=二役)なる存在になりすまし、二重人格者になるまで思いつめた彼女は、数年後、独狐求敗という謎の女剣士として生まれ変わった…。

「楽園の瑕」の解説

90年代を代表する映画作家、『恋する惑星』『天使の涙』のウォン・カーウァイが、伝説の剣士たちの青春群像を鮮烈な感覚で綴った一編。中国の人気武侠小説家、金庸の代表作を基に、原作では老人である主人公らの若き日の姿を描くという設定で、カーウァイが脚本を執筆。

出演は『欲望の翼』のレスリー・チャン、マギー・チャン、トニー・レオン、カリーナ・ラウ、ジャッキー・チュンに加え、『恋する惑星』のブリジット・リン、『黒薔薇VS黒薔薇』のレオン・カーファイ、当時ほとんど演技経験のないまま、降板したジョイ・ウォンに代わって起用された『天使の涙』のチャーリー・ヤンと香港映画界のスターが競演。94年ヴェネチア映画祭金のオゼッラ賞、第14回香港電影金像奨撮影賞・美術賞、第31回台湾金馬賞撮影賞・編集賞受賞。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督ウォン・カーウァイ
出演レスリー・チャン レオン・カーファイ ブリジット・リン トニー・レオン マギー・チャン ジャッキー・チュン
制作国 香港(1996)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「楽園の瑕」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:43:50

広告を非表示にするには