問題のない私たち 作品情報

もんだいのないわたしたち

「自殺するくらいなら、立ち向かえばいい」。そう思っていたいじめっこは、ある日、いじめられっこになった。

「これはいじめでなく不快感への正当防衛」と開き直り、クラスを率いてマリアをいじめていた澪。しかし、転校生の麻綺が新たなクラスのリーダー格となったことで状況は一変。今度は澪が陰湿ないじめの標的になってしまう。幼なじみからも裏切られたことにショックを受け、澪は衝動的に自殺を図る。そんな澪を必死で止めたのは、なんと自分がいじめていたマリアだった。改心した澪はもういじめに負けない、と固く約束。戦いがはじまった─。

「問題のない私たち」の解説

原作の同名小説を牛田麻希が執筆したのは、なんと15歳の中学生の頃だとか。いわば“当事者”ともいえる世代の目線から描かれたことで、この作品は他のいじめを扱ったものとは一線を画した内容になっている。後に木村文が漫画化(マーガレットコミックス)した同名作も中高生に受け入れられ、大きな反響を呼んだ。

本作では主演の黒川芽以(16歳)を始め、沢尻エリカ、美波(ともに17歳)らと同世代の役者を登場させることで、さらにリアリティーと原作のもつ特性を高めることに成功。また主人公の父に勝村政信、その恋人役に大塚寧々、後半、物語のキーパーソンとなる担任教師に『プラトニック・セックス』の野波麻帆と、大人たちがしっかりと脇を固めている。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2004年2月28日
キャスト 監督・脚本森岡利行
原作牛田麻希 木村文
出演黒川芽衣 沢尻エリカ 美波 野波麻帆 大塚寧々 勝村政信
配給 レジェンド・ピクチャーズ
制作国 日本(2004)
上映時間 98分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「問題のない私たち」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:43:50

広告を非表示にするには