レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード 作品情報

れじぇんどおぶめきしこですぺらーど

美しき野郎どもが舞い踊る、血と銃弾のフラメンコ。マリアッチ・シリーズ最新章

レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラードのイメージ画像1

たった1人で2つの町を始末した伝説の男、エル・マリアッチ(アントニオ・バンデラス)。その噂を耳にしたCIA捜査官サンズ(ジョニー・デップ)は、この国で起ころうとしているクーデター計画を潰すため、マリアッチに将軍マルケスの暗殺を依頼する。マリアッチにとって、マルケスはかつての恋人を殺した敵だった。マルケスを裏で操る麻薬王バリーリョ(ウィレム・デフォー)は、クーデターによって政府を我が物にしようと暗躍する。男たちの思惑が幾重にも交錯し、メヒコの大地に激戦の時が訪れようとしていた…。

「レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード」の解説

ロバート・ロドリゲス監督の伝説的出世作『エル・マリアッチ』『デスペラード』に続く、メヒコ・アクション第3弾。過激なバイオレンス描写はますます健在だが、『スパイキッズ』の成功を踏まえ、群像劇的なアプローチにも新味が見られる。主演のバンデラス以下、おなじみのファミリーに加え、ジョニー・デップ、ウィレム・デフォー、ミッキー・ロークといった面構えのいい俳優が次々と登場。黄金色の大地に血と銃弾を撒き散らし、死のフラメンコを舞い踊る。

ロドリゲス作品の特徴は、シーンのインパクトを積み重ねることで叙情性を生み出す作劇術にある。これはジョン・ウーを始めとする香港派や、盟友タランティーノの『キル・ビル』にも連なるスタイルで、言わばアクション映画の最新流行型。若き鬼才の“激辛スパイス”をたっぷりと召し上がれ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2004年3月6日
キャスト 監督・脚本ロバート・ロドリゲス
出演アントニオ・バンデラス ジョニー・デップ サルマ・ハエック ウィレム・デフォー ミッキー・ローク エヴァ・メンデス ダニー・トレホ
配給 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
制作国 アメリカ(2003)
上映時間 101分
TV放映 2019年12月21日 関西テレビ カンテレ Cinema Paradiso
2019年1月30日 テレビ東京 午後のロードショー

[Amazonで購入]

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「ねねちゃん」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2017-06-26

映画館で見たときは、爆睡してしまったんですけど、改めてDVDで見てみると、面白かったです!グロ目な描写あり。

最終更新日:2019-12-04 14:52:36

広告を非表示にするには