道場破り 作品情報

どうじょうやぶり

長門勇主演で贈る、山本周五郎原作の時代劇

剣をとっては達人と呼ばれる三沢伊兵衛は、恋人である家老の娘妙をつれて脱藩した。古谷藩のバカ殿の側室になるよう強要された妙との旅は、すぐ追手につけられる破目となった。すぐにも宿賃をかせがなければならない伊兵衛は、神道無双流秘法極意階伝の腕前を利用して、武士の掟を犯して町道場で賭試合を挑んだ。太刀落しという奇妙な手で勝った伊兵衛のもとに、迫手は刺客として浪人大庭軍十郎をむけていた。一方隣藩ににげるため十両を必要とした伊兵衛は武道大会で偶然にも軍十郎と相討ちとなった。

「道場破り」の解説

山本周五郎の原作を小国英雄が脚色、『丹下左膳(1963)』の内川清一郎が監督した時代劇。撮影もコンビの太田喜晴。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督内川清一郎
原作山本周五郎
脚色小国英雄
出演長門勇 岩下志麻 倍賞千恵子 宮口精二 丹波哲郎 富田仲次郎 今橋恒 青木義朗 高橋とよ 上田吉二郎
制作国 日本(1964)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「道場破り」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-08-06 13:46:24

広告を非表示にするには