アイ・ラヴ・ピース 作品情報

あいらぶぴーす

戦禍のアフガニスタン、片足を失った少女とろう者の女性との心の交流を温かく描き出す

ろう者の花岡いずみは、失恋などの痛手で人生の大きな転機を迎えていた。そんな彼女が、島根県大田市にある義肢装具製作会社「北沢ブレイス」で、義肢装具士を目指すことに。ある日、先輩の技師、久保が、NGOの一員としてアフガニスタンへ向かうことになった。自分が貢献できることを模索していたいずみも同行を決め、仲間に快く送り出されたふたり。そこで2人は、地雷で片足を失った少女、パリザットと従兄のハシームに出会う。

「アイ・ラヴ・ピース」の解説

身障者たちが力強く生きている姿をつぶさに見つめてきた“アイ・ラヴ”シリーズの第3作。義肢装具士を目指すろう者の主人公が、NGOの一員として戦禍のアフガニスタンに渡り、現地の少女との交流から新しい道を歩んでいく。アメリカ同時多発テロ以降、激しい戦いの矢面に立たされてたアフガニスタンは、およそ20年にわたって内戦が繰り広げられてきた国でもある。

この作品では、絶えることない惨劇の中で傷ついた人々を助け、支援していくボランティア活動に着目し、今までは援助される側だと思われがちだった身障者が、自立して社会貢献に参加できる可能性を追求。命と平和の尊さを改めて認識させられる、新しい国際交流の形を描き出している。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2003年12月20日
キャスト 監督大澤豊
出演忍足亜希子 アフィファ 林泰文 三船美佳 宍戸開 佐藤康恵 酒井和歌子
配給 「アイ・ラヴ・ピース」全国配給委員会
制作国 日本(2003)
上映時間 118分

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-10-24

北川悦吏子脚本のドラマ〈愛してくれと言ってくれ〉と云う聾唖者を主人公にしたドラマや常盤貴子が車椅子のヒロインで主演した〈ビューテイフル・ライフ〉に想いを馳せて居ると,アフガニスタンの地雷で脚を喪った少女が出て来る本篇を公開時に映画館で観た時の衝撃が甦るんだ

最終更新日:2019-10-29 16:00:07

広告を非表示にするには