ソニー 作品情報

そにー

ニコラス・ケイジ初監督作で、ジェームズ・フランコが色気ムンムンの男娼役に挑戦!

軍を除隊し、ニューオリンズの実家に戻ったソニー。娼館を営む母ジュエルは、稼ぎ頭の男娼だった息子の帰りを心待ちにしていた。母にみっちりと技を仕込まれたソニーは、すでに伝説の男娼だったのだ。母はさっそく復帰を迫るが、ソニーは堅気になる決心を固めていた。拒絶された母は激怒し、泣きじゃくる。だが二人の古い友人ヘンリーだけは、ソニーを温かく励ます。やがてソニーは母の元で働く新人の娼婦・キャロルと愛を重ねるようになり…。

「ソニー」の解説

巨匠コッポラの甥としても有名な俳優ニコラス・ケイジが、ついに初メガホンを取ったのが本作。『ソニー』は15年も前に俳優としてアプローチしたこともある、思い入れの深い作品だったとか。時代設定を彼が青春時代を過ごした80年代初頭に、舞台も彼が大好きな街ニューオリンズに変更。室内シーンはそのほとんどを彼の自宅で撮影、とニコラス・ケイジのパーソナルな映画に仕上がった。もちろん彼もチョイ役で出演! お見逃しなく。

主人公は男娼という特殊な役柄だが、映画のテーマは「現状の生活をリセットし、新たなスタートを切る勇気と難しさ」という普遍性のあるもの。ジェームズ・フランコとミーナ・スヴァーリの演じる不器用だけど実直な若者像には、誰もが感情移入できるはず。

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2004年4月17日
キャスト 製作・監督ニコラス・ケイジ
出演ジェームズ・フランコ ミーナ・スヴァーリ ブレンダ・ブレッシン ハリー・ディーン・スタントン
配給 ギャガ・コミュニケーションズ
制作国 アメリカ(2002)
上映時間 110分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「ソニー」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-05-08 11:00:06

広告を非表示にするには